高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

高度生殖医療

 タイミング法や人工授精などの初期治療を一定期間繰り返しても授からなかった場合は、体外受精や顕微授精などの、セカンドステップに進むことになります。

高齢の女性の場合は、できるだけ早い妊娠を促すため、このセカンドステップから治療を始めることも多いようです。

最近では、これらの治療によって妊娠・出産に成功する方も多くなり、かなり一般的になりつつありますが、治療費が高額になることや女性の体への負担が多いといった問題点もあります。 

高度生殖補助医療・体外受精について

卵巣から採卵をして体外で受精させ、受精卵を子宮へ戻す方法です。

採卵は痛みを伴うこともあり、女性の体に負担になりますし、妊娠率を高めるためにも、1度で複数の卵子を採卵できるよう、排卵誘発剤を併用して人工的に卵子を育てます。

受精、培養した卵子だけを子宮へ戻すので、自然妊娠や人工授精よりも妊娠率は高まりますが、複数採卵しても変性卵が多かったり、すべてが受精できるわけではありません。 

高度生殖補助医療・顕微授精について

採卵した卵子に、顕微鏡を使って1匹の精子を直接注入し、受精させる方法です。

1匹だけを選んで直接受精させるので、精子の数が少なかったり、運動率が低いなどの問題がある男性不妊にも効果が高い治療法と言われています。

確実に精子と卵子を出会わせる方法ではありますが、卵の状態が悪いと分割がストップしてしまったり、移植しても着床しないなども問題も起こります。 

高度生殖医療で妊娠するために必要な要素

体外受精は顕微授精などの治療は、卵子と精子を確実に出会わせるための方法ではありますが、確実に着床させ、確実に赤ちゃんまで育てることができる方法ではありません。

重要なのは、卵子自体にきちんと育つ力があるか、着床し妊娠を継続することができる体かどうか、という点にあります。

現在の高度生殖医療では、卵や体質自体を改善するのは難しいとされているので、不妊治療を受けるのと同時に、普段から食事や運動などに気を使って体質改善を行い、体や卵を妊娠しやすい状態に保つ必要があるのです。 

 
高齢不妊を根本から治療する方法