高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

クリニックの一般的な不妊治療

30代後半や40代のご夫婦が、妊娠したいと考えてから1年以上経過した場合や、「子供を望んで努力しているのに、なかなか授からないな…」と感じた時、まずは婦人科などのクリニックへ行って相談・検査をするのが一般的ですね。

妊娠を妨げている要因がどこにあるのか、それを確かめるための検査を行い、速やかに妊娠できるようにアシストしてもらうのがクリニックを受診する目的。
人工授精や体外受精などの不妊治療を受けるか受けないかは別として、自分たちの身体が子供を授かる状態にあるのかどうかを把握し、不妊の要因を見つけることからスタートします。 

クリニックで行う基本検査について

クリニックを受診すると行う基本検査は、問診や内診、血液検査などのほか、子宮卵管造影検査、フーナーテストなどさまざまあります。内容によって検査が可能な時期が決まっているので、月経周期に合わせて一通り済ませると、2~3周期くらいかかることもあります。

まずは、問診で既往歴などを確認し、内診で膣内や子宮頚部の状態などをチェックします。合わせて、超音波エコー検査で子宮内や卵管の様子を観察。超音波検査は、月経周期に応じで数回行うことで、卵胞の成長や排卵の様子などを調べることができます。

さらに、血液検査を行い、ホルモン値を調べることで、排卵障害の原因を探ります。これらは、時期を変えて数回行い、不妊の原因がないかを確認するものです。

他に、低温期に行われる検査として、子宮の様子や卵管の通りが良いかどうかを調べる、子宮卵管造影検査、さらに、クラミジア感染がないかどうかを調べる、クラミジア検査などもあります。

排卵期にセックスをして頸管粘液をチェックし、精子の数や運動性を見るフーナーテストや、男性の精液検査を同時に行う場合も多いので、ご主人の協力は不可欠です。 

一般的な不妊治療・タイミング法について

女性も男性も基本検査を行い、特に問題がない場合、まずはタイミング法を行うことが一般的です。

ホルモンの状態や、超音波検査で卵胞の育ちを見て医師が排卵日を予想、性交を行う日を指定する方法です。基礎体温を元に自己流でタイミングをはかっていても、正確な排卵日を知ることは難しいもの。35歳以上の方なら、6周期程度はこのタイミング法を続けることになります。 

一般的な不妊治療・人工授精について

タイミング法の次の段階として行われるもので、精子を直接子宮へ注入して妊娠を待つ方法です。人工と聞くとちょっと戸惑うかもしれませんが、自然妊娠とほとんど変わりはありません。排卵誘発剤を併用することが多く、この方法では5〜6回程度で妊娠する人が多いよう。繰り返すとしても6周期程度が一般的です。 

高齢不妊は、ファーストステップを行わないことも

上記で紹介したタイミング法と人工授精は、不妊治療のファーストステップです。医師のサポートがあるものの、自然妊娠とほとんど変わりない方法なので、40代以降など高齢の不妊治療の場合は、この段階を飛ばして次のステップへ進むことも多いそう。

女性の卵子は数に限りがあり、しかも年々老化するので、高齢の女性はできるだけ早い段階で妊娠へつなげる必要があるからです。 

 
高齢不妊を根本から治療する方法