高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

高齢不妊の代表的な治療方法

もはや、女性の管理職や経営者は当たり前の時代。

最近では、バリバリ仕事に生きる女性が増えた結果として、結婚する年齢が遅くなる傾向にあり、30歳を過ぎてから結婚、35歳を過ぎてから初産というライフスタイルも当たり前になっていますね。

一昔前の“結婚適齢期”という考え方は、女性の結婚年齢という点では当てはまらなくなってきていますが、“出産適齢期”といった観点から見ると、あながち間違いではありません。

一般的に女性は、高齢になればなるほど妊娠しにくくなると言われていて、30代半ばから妊娠を望んで子作りを始めても、なかなか授からないカップルが多いのも事実。卵子は歳を重ねるにつれて老化し、特に35歳以降は妊娠率が急激に下がってくるのです。

それでは、30代後半や40代などのいわゆる“出産適齢期”を過ぎたご夫婦が、妊娠を意識して努力しているにもかかわらず、1年以上妊娠する気配もないという場合、どのような対処法があるのでしょう。

ここでは、一般的にクリニックで行われている不妊治療の内容や、漢方などの東洋医学の見地からの治療法について解説していきます。

「自分は不妊かもしれない…」とお悩みの方は、どのような治療が行われるのか不安に感じる人も多いかと思いますが、まずは不妊に関する正確な知識を得ることから始めましょう。

 
高齢不妊を根本から治療する方法