高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

 女性の排卵障害の中で多くの割合を占めると言われている「PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)」について、その特徴や症状、クリニックでの治療法などをまとめて解説します。

さらに、PCOSと診断された場合に、漢方薬によってどのような治療が行われるのか、改善方法についてもご紹介しましょう。 

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とは何か?

多嚢胞性卵巣症候群は、女性の排卵障害の20~40%を占めていると言われるほど多くの方が悩んでいる病気です。

この病気の大きな特徴は、卵子は正常に育っているのに卵巣の膜が硬くて排卵できないこと。超音波検査で卵巣の様子をチェックすると、排卵されなかった卵胞が並んでいるのが確認され、この病気と診断されることが多いようです。

月経中に血液検査を行うと、通常のホルモン値ではLH(黄体化ホルモン)よりもFSH(卵胞刺激ホルモン)の方が高い値が出るのですが、PCOSの方の場合は逆に、排卵を促す働きのあるLHの方が高くなってしまいます。これは、排卵が正常に行われていないため、間脳が常にLHの分泌を指令しているためです。

症状としては、無排卵でエストロゲンというホルモンの分泌が異常となるために、無月経や不正出血など月経異常が起きやすくなります。さらに、男性ホルモンが過剰に分泌され、多毛になったり、ニキビができやすいといった症状も出てくるようです。

この病気と診断された場合、クリニックでは外科手術を行うこともありますし、排卵誘発剤を服用して排卵を促す治療もおこなわれます。さらに最近では、この病気と血糖値を下げるインスリンとの関連が指摘されていて、インスリンの分泌が多いと排卵しにくいと考えられ、糖尿病薬を使用されることも多いようです。 

PCOSと診断された方へ漢方からのアプローチ

この病気と診断された方には、体質や症状に合わせてさまざまな漢方薬が処方されます。

まずは、硬くなった卵巣の膜を柔らかくするよう、血液の流れを改善する漢方薬を処方します。卵巣にたまったドロドロの物質を取り除く効果のある漢方薬や、卵子に排卵する力をつける栄養補助の漢方薬、さらには、男性ホルモンを抑える働きがある漢方薬なども処方されるようです。

これらの漢方薬を服用するとともに、血流が滞らないよう、食事や適度な運動、睡眠などに注意して生活することが大切。ストレスをためないよう、リラックスできる環境や生活リズムを整えることも重要です。さらに、PCOSはインスリンと関係が深いと言われているので、甘いものの食べ過ぎにも注意が必要ですね。 

 
高齢不妊を根本から治療する方法