高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

AMH値が低い

卵巣の機能を推測する数値として注目されているAMH値について、その特徴や性質、数値の見方などを解説します。

併せて、AMH値が低いと診断された場合、漢方によってどのようなアプローチがされるのか、改善方法についても考えてみましょう。

AMHとは何か?

AMH(抗ミューラー管ホルモン)とは、どのような役割を持つものなのでしょうか?

これについて解説する前に、まずは、女性の体内で卵子がどのように発育し排卵に至るのかについて触れておきます。

女性の卵巣内には、産まれた時から未熟な原子卵胞がストックされているのですが、初潮を迎える頃には、原子卵胞が排卵へ向けて活発に動き出します。

約190日をかけて、ストックされていた原子卵胞を元に発育卵胞→前胞状卵胞→胞状卵胞→成熟卵胞という工程を経て、排卵されるのです。

AMHは、この工程の中の前胞状卵胞の顆粒膜細胞から出ているホルモンなので、AMH値が高いと卵巣内にこの前胞状卵胞の数が多い目安となります。ですから、AMH値は、限りある卵子の残り数=卵巣の予備能力を示す数字となるわけです。

女性は一般的に、年齢と共に発育可能な卵胞の数が減っていくので、これと比例してAMHの値も低くなっていきます。

ただし、この数字はあくまでも卵子の在庫数を推測するための値なのであって、卵子の質の良し悪しを図るものではないということに注意する必要があります。たとえ数値が高くても、卵子の質によっては確実に妊娠できるとは言い切れないのが現状です。

逆に、卵巣腫瘍などで卵巣部分切除などを行った場合は低い数値が出ることもありますが、AMH値が低いからといって、妊娠の可能性はゼロであるとは限りません

AMH値が低い場合の漢方

上記でも解説したように、AMH値は卵子の残り数を推測できますが、質までは分かりません。

残り数が多ければ、妊娠につながる良質な卵子を得られる確率は上がるかもしれませんが、数が少なくても、確実に良い卵を作ることができれば妊娠率は上がるはず。

AMH値が低いと診断され、焦りを感じてしまう方は多いと思いますが、まずは自身の生活を見直したり漢方薬の力を借りて、卵の質を上げるよう努めることが肝要。

漢方では、血の流れをスムーズにしたり、エネルギーを補う薬などを処方します。患者さんの基礎体温を見て、低めの方には体を温める効果のあるもの、逆に高めの方にはほてりを鎮めるものなどを処方することもあります。

さらに、クリニックで体外受精などの不妊治療と併用している場合は、治療によるストレスを感じている方も多いので、ストレスを緩和させる効果のある漢方薬を用いる場合もあるようです。

 
高齢不妊を根本から治療する方法