高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

高齢不妊の症状と漢方の働きかけ

 妊娠と女性の年齢というのは、とても深い関係にあり、一般的には年齢が高くなればなるほど、妊娠しにくくなると言われています。20代や30代前半の若い女性でも悩んでいる方はいるのですが、特に年齢を重ねた40代以降の女性にとって、不妊はとても身近で深刻な悩みとなっています。

高齢になると妊娠しにくくなる原因は、卵子の数や質の低下にあります。

そもそも女性の卵子は、生まれた時にすでにその元が卵巣内に存在していて、新しく作り足されることはないそう。

月経が始まる年齢になると1回の周期に1000個の卵子が減り、年齢を重ねるごとにその数はどんどん少なくなっていきます。35歳を過ぎるとさらにガクンと減り、閉経時にはゼロになるのです。

しかも、残っている卵子も、年齢と共に老化していき、質も低下すると言われています。高齢になればなるほど、排卵していても卵子の質が落ち、妊娠する確率も低くなっていくわけです。

しかし、40歳を過ぎてしまったからといって、妊娠をすぐに諦めてしまう必要はありません。漢方を用いた改質改善によって、卵巣機能を回復させ、卵子の質を高めることがまだまだ可能だからです。

そこで、高齢不妊の症状の特徴や、漢方によってどのように働きかけることが可能なのか、症状別にまとめてみました。不妊でお悩みの方に、少しでも希望を持っていただけるよう、漢方治療の可能性について解説してみたいと思います。

 

 
高齢不妊を根本から治療する方法