高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

高度生殖医療でもできないこと

体外受精や顕微授精などの生殖医療は、卵子や精子を確実に出会わせるための方法。

これを何度も繰り返しても妊娠・出産に至らないということは、精子や卵子の基礎力が足りなかったり、子宮の環境が整っていないなど、根本的な体質改善が必要なケースが多いようです。

妊娠に必要な基礎体力がないままに、高度な不妊治療を繰り返したところで、母子ともに健康な出産へとつながる訳はありません。それどころか、体への負担や治療費の負担、仕事や家事との両立などの面でストレスとなってしまい、精神的にも肉体的にも追いつめられてしまう方も少なくないのです。

そこで、心身共に健康で自然な妊娠・出産を実現するためにも、クリニックで行う高度生殖医療だけではなぜ妊娠できないのか、その足りない部分について、まずは解説しましょう。 

現在の生殖医療では卵の質を高めることはできない

不妊で悩む患者さんは、クリニックで卵巣の機能が妊娠に適しているかどうかの検査を行いますが、その中でも高齢の患者さんの場合、卵巣の機能を表すLSH(卵胞刺激ホルモン)値が高かったり、卵巣に残っている卵子数を表すAMH(抗ミューラー管ホルモン)値が低かったりするパターンが多いと言われています。

卵巣の機能が低下していて、卵子の残り数も少ないという現実的な数値を見せられると、早く治療しなければ…と焦りを感じて治療へ踏み切る方も多いことでしょう。

人工授精や体外受精を行う際には、排卵誘発剤を使って人工的に卵胞を大きくしたりして、排卵を促す治療が行われるのが一般的です。

確かに、ホルモンを使って卵胞を育てることは可能ですし、複数の卵を採取できるので治療は進めやすいのですが、その方法が確実に受精・妊娠につながるとは限りません。なぜなら、そのようにして採取された卵の中には、着床どころか受精すらできない、質の良くない卵も多いからです。

そもそも不妊で悩む患者さんは、卵や子宮の環境などが妊娠に適していない状態のことが多く、そのような体質のままで人工的に排卵を促したところで、妊娠を継続することはできないのは当然のことでしょう。卵そのものに成長する力が備わっていない限り、いくら受精や着床を促しても、元気な赤ちゃんへと成長することは不可能なのです。

しかしながら、現在の生殖医療では、卵胞の成長を促すことはできても、卵そのものの質を高めることは難しいのが現状です。確実に受精や着床を促し、妊娠を継続させるためには、卵自体に力をつける、言わば“元気で丈夫な卵”にするための特別な働きかけが必要なのです。 

 
高齢不妊を根本から治療する方法