高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

漢方との併用治療がおすすめ

これまでのページで、高度生殖医療のみでは卵自体の質を高め、妊娠するための基礎体力を高める治療は不可能であることを解説してきました。

高度な不妊治療を繰り返し受けても妊娠まで至らず、悩んでいる高齢不妊の女性が、より多くの卵を元気にし、妊娠を継続させるために必要なのは、どんなことなのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、根本的に体質改善を行い、妊娠しやすい体をつくる東洋医学と、高度生殖医療に代表される西洋医学の治療とを合わせて行う方法です。

ここでは特に、漢方を用いた不妊治療について、考えてみたいと思います。 

統合医療という考え方

不妊治療を行っている婦人科の医師の中には、人工授精や体外受精などを進める傍ら、漢方や鍼灸などの東洋医学的な治療法にも積極的な方が多くいらっしゃいます。

それは、前で解説してきたように、確実に妊娠を継続させ、元気な赤ちゃんを出産するためには、外科的な治療だけでは不十分であり、卵や母体の機能自体を高める根本的な治療が不可欠であると認識しているからにほかなりません。

漢方を継続して服用し、基礎体温を上げたりホルモンバランスを整えるなど、妊娠するための土台作りを行い、体の準備が整った上で体外受精などの治療を受けた方が、妊娠率が高くなるであろうことは、容易に想像できますね。

このように、症状が出にくい体へと根本から改善していく根本治療と、症状に合わせて治療していく対症療法を組み合わせて統合的に治療する方法として「統合医療」という考え方があります。このような方法こそ、不妊治療に最も適していると言えます。 

不妊治療に漢方を併用するメリット

漢方を用いて不妊治療を行っていた方の体験談を見ると、「気が付いたら冷えが改善されていた」、「意識しないうちに基礎体温が安定してきた」といった証言が多く寄せられています。

漢方を用いた治療方法のメリットは、自然に近い形で妊娠へと導くことができる点でしょう。体からのSOSサインに耳を傾け、自分の体調に合わせた漢方薬を処方してもらって服用することで、知らず知らずのうちに問題となっていた症状が緩和され、自然な形で妊娠しやすい体へと整えていくことが可能なのです。

ホルモン剤を用いて排卵を誘発したり、外科治療だけを繰り返すことは、体への負担はもちろん、精神的にも大きなダメージとなりますが、漢方による治療は、そのダメージを軽減させ、ストレスを緩和する効果も期待できると言われています。そのような側面から見ても、不妊治療に漢方を併用することは、とても効果的だと考えられますね。 

 
高齢不妊を根本から治療する方法