高齢不妊を根本から治療する方法

高度生殖医療だけではできない 高齢不妊を克服する方法とは

妊娠しやすい体をつくる代表的な漢方薬

これまでのページでは、不妊治療に漢方を取り入れる方法についてご紹介してきました。

さっそく漢方薬局に相談に行ってみようかな…とお考えの方は、漢方薬についての予備知識をあらかじめ頭に入れておくと、カウンセリングの際にも理解しやすくなると思います。

不妊治療を目的に処方される漢方薬のうち、主なものをいくつか挙げてご紹介してみましょう。 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

主な成分:当帰(とうき)…セリ科のカラトウキの根、芍薬(シャクヤク)…ボタン科のシャクヤクの根、白朮(びゃくじゅつ)…キク科のオケラの根茎、沢瀉(たくしゃ)…オモダカ科のサジオモダカの根茎、川きゅう(せんきゅう)…セリ科のセンキュウの根茎、茯苓(ぶくりょう)…サルノコシカケ科のマツホドの菌核など

血や水の流れを促進する効果のあるとされていて、体を温め貧血を改善する生薬。冷え性や貧血、めまい、むくみなどがある方に勧められます。

ほかにも、肩こりや低血圧など、女性が多く訴える症状に効くとされていて、体力があまりない方や更年期障害の方、疲労がたまっている女性が服用することが多いようです。ただし、胃腸の弱い方は注意が必要ですので、漢方薬局でカウンセラーに相談してから服用しましょう。 

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

主な成分:黄耆(おうぎ)…マメ科のキバナオウギの根、人参(にんじん)…オタネニンジンの根、白朮(びゃくじゅつ)…キク科のオケラの根茎、甘草(かんぞう)…マメ科のカンゾウの走根、当帰(とうき)…セリ科のカラトウキの根、陳皮(ちんぴ)…ウンシュウミカンの果皮、昇麻(しょうま)…キンポウゲ科の根茎、柴胡(さいこ)…セリ科の根、大棗(たいそう)…クロウメモドキ科の果実、生姜(しょうが)…ショウガの根茎など

胃腸の働きを活発にして体を元気する、滋養強壮の生薬です。虚弱体質の方や流産を繰り返しやすい方、食欲がなく胃腸が弱い方などに勧められます。

特に精子の数や運動を増やす効果があるとされていて、男性不妊にもよく用いられているようです。 

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

主な成分:鹿茸(ろくじょう)…オスの鹿の生え始めの角を乾燥させたもの、杜仲(とちゅう)…トチュウ科トチュウの樹皮を乾燥させたもの、巴戟天(はげきてん)…アカネ科ハゲキテンの根を乾燥させたもの、竜眼肉(りゅうがんにく)…ムクロジ科リュウガンの仮種皮、牛膝(ごしつ)…ヒユ科ヒナタイノコズチの根、人参(にんじん)…オタネニンジンの根、黄耆(おうぎ)…マメ科キバナオウギの根、当帰(とうき)…セリ科カラトウキの根など

滋養強壮に効果がある生薬として有名です。体を温め、体温を維持する効果があるとされていて、不妊治療に用いられる場合は、高温期に服用して黄体ホルモンの働きを補佐し、体温上昇を維持することが期待されます。 

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

主な成分:当帰(とうき)…セリ科のカラトウキの根、芍薬(しゃくやく)…ボタン科のシャクヤクの根、地黄(じおう)…ゴマノハグサ科のアカヤジオウの根、阿膠(あきょう)…ロバの皮を加水抽出して作られたゼラチン、党参(とうじん)…キキョウ科ヒカゲノツルニンジンの根など

名前を見て想像できる通り、女性特有の疾患に効果があるとされている薬です。血流を促進し、栄養補給の効果も高いようです。

冷え性や貧血、疲労回復や食欲不振の方に処方されますし、不妊のほか、生理不順や生理痛、更年期障害でお悩みの方にも勧められます。甘い濃縮シロップなので飲みやすく、人気の高い漢方薬です。 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

主な成分:地黄(じおう)…ゴマノハグサ科アカヤジオウの根、山薬(さんやく)…ヤマノイモ科ヤマノイモの根茎、山茱萸(やまぐみ)…ミズキ科のサンシュユの果肉、沢瀉(たくしゃ)…オモダカ科サジオモダカの塊茎、茯苓(ぶくりょう)…サルノコシカケ科マツリョウの菌核、牡丹皮(ぼたんぴ)…ボタン科ボタンの根の樹皮、など

腎臓や生殖機能の改善に効果があるとされている生薬で、滋養強壮や精力増強にも効果的とされています。

不妊治療に用いられるほか、腰痛や下半身の冷えがある方、更年期障害に悩む方にも勧められます。体を温める効果が高いので、ほてりやのぼせ体質の方には向きません。 

海馬補腎丸(かいまほじんがん)

主な成分:海馬(かいま)…タツノオトシゴ、鹿茸(ろくじょう)…オスの鹿の生え始めの角を乾燥させたもの、海狗腎(かいくじん)…オットセイの生殖器、鹿腎(ろくじん)…オス鹿の生殖器、驢腎(ろじん)…ロバの生殖器、蛤口(ごうかい)…オオヤモリを乾燥させたもの、巴戟天(はげきてん)…アカネ科ハゲキテンの根、黄耆(おうぎ)…マメ科ハナオウギの根、地黄(じおう)…ゴマノハグサ科アカヤジオウの根、など

腎臓や生殖器官、泌尿器系の疾患などを改善する効果がある生薬。タツノオトシゴなど、動物性の生薬をたくさん用いているのが特徴で、滋養強壮や精力増強を目的に服用する方も多い人気の薬です。

女性の生殖機能回復はもちろん、男性不妊にも効果があるとされています。 

 
高齢不妊を根本から治療する方法